DonOkamotoのそれそれ

50才で起業を目指す海外駐在中年リーマンが体験や情報を発信します。

起業に向けて勉強しとこ 日本の戦略「成長戦略実行計画」議論編 1

はじめに

以下で書いた日本成長戦略の続きです。

www.donokamoto.info

 経済産業省産業構造審議会 成長戦略部会で上記で課題として挙げられている「日本企業のマークアップ率の向上」「既存企業とスタートアップとの協働」「パイオニア企業を集中支援するという新たな産業政策」について偉い人達の討議内容を見つけましたので、今回はその第一回目の内容について勉強したいと思います。

全体的な問題意識

以下各委員の発言内容を私なりに要約したものです。

株式会社デンソー社長   有馬委員

・売上5兆円、従業員17万人、70年かけてこつこつ積み上げてきたが、典型的な物作り企業の枠を超えていない。

・例えば、現在世界で爆発的に使われている、QRコードデンソーが発明・開発したものだが、特許を開放した事で一銭の稼ぎにもなっていない。

・現状の枠組みの中以外での儲け方を知らないデンソーはまさに課題先進企業である。

 学習院大学 教授 伊藤委員

アメリカ、ドイツ、日本等の先進国にはもう高度成長の種はないので新興国に目を置いた成長戦略が重要である。

・日本企業はスピードが遅い。他国グローバル企業は日本企業が10年かかるところを2年でやる。特に今の技術と構造変化の中では大きな課題となる。

・産業構造が大きく変わる中、上流から下流バリューチェーンの中で、利益を生み出す部分に日本企業は参画できているか。

株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ 仮屋薗委員

・日本のスタートアップへの投資はここ6年間で6倍に成長、このリスクマネーの半分が大企業で、オープンイノベーションによる投資が進んでいる。

・一方日本ではM&Aが少ない。米国1,500に対し、2桁前半。協業により新しい種を見つける事には意識が向き始めたが、企業価値を高めるM&Aにはまだ意識が少ない。

・オープンイノベーションによる売上、マークアップ率を上げるという意識は高まっているもの、究極の目的である企業価値の向上に対して、もう一歩踏み込む必要がある。

花王株式会社社長 澤田委員

・付加価値の本質をどう捉えるか、そしてその変化をどう捉えるか。これが非常に重要。

・スタートアップやベンチャーとの協業はすでに積極的に取り組んでいる。しかし、これまでは入り口の技術開発側が多かった。

・昨今は、自分達が作り上げた技術をどう世の中に展開していくか、すなわち商品を出す前に技術をオープンにして、色々意見を貰うという事をやっていて、これを成功に結び付け、付加価値の高い商品を展開していきたい。

KDDI株式会社社長   高橋委員

・5Gをいかに活用していくかというところがポイント。いろいろな産業とのパートナーシップによって、5Gのネットワークを使っていただきながら、マークアップ率をいかに上げていくのかということが重要な時代になってきている。

・スタートアップへの投資をやってきている中で気を付けている事は、投資した先からベクトルを自社に向けさせて利益を上げるということではなくて、スタートアップ企業のベクトルに合わせて、大企業のアセットを提供することによって、一回りも二回りも大きな活動にしていく事。

新興国はもの凄く成長が早い。何も阻害するものがない、止めるものがないから、どんどん新しいものへチャレンジしていく。

 ユニゾン・キャピタル株式会社 代表取締役   林委員

M&A市場の懐の深さが、日本では十分ではない。100 億円投資して 200 億円で売却するなら比較的日本の大企業に買ってもらいやすい。ところが、500 億円の企業を買っ
て1,000 億円で売却しようとすると、途端によし買ってやろうという会社が激減する。

・以前から企業の成長をプロデュースするために必要な資源、リソースはほとんどが外部から調達している。今後はそのリソースの中にデジタルテクノロジーを中心に、ベンチャー企業の力をもってきたいが、私どもだけでは、どんなベンチャーがどのように役立つのかということについての目利きをする力がない。

READYFOR株式会社 代表取締役CEO   米良委員

・本当に好きでいてくれる顧客を見つけ出して、ある種のブランドとか信頼をベースに、自ら参加する等の体験をつけることによって、単価を上げていけるような挑戦をしていきたい。(例えば、カルビーの限定ポテチ復刻版)

・日本はやはり社会課題先進国。課題現場の生の声と大企業の持っているリソースをくっつけて事業展開して、課題解決のイノベーションを実現していきたい。

ベンチャー企業が大企業のトップと会う機会がない。大企業の新規事業部の方と会うが、それだとなかなか先に進まない、決まらない。トップ同士で一緒に議論して物をつくっていくような場が必要。

マークアップ率の向上

花王株式会社社長 澤田委員

・シャンプー、コンディショナー、化粧品等、性能、機能を上げれば結構高い価格で売れていた時代があった。でも、今は、例えば 10 年、20 年前の2倍、3倍の性能が出た
としても、高く売れない。今後は、地球環境、社会に役に立つかというエシカルな付加価値が非常に重要。

・一方、自分事の商品は結構高く売れる事がわかっている。例えばシャンプー、コンディショナーは今高低価格二極化。自分の生活、ライフスタイルに合うような自分事コンセプトの製品。個々にとっての価値をどう捉えるか重要なポイント。

・付加価値をどのように感じてもらうかの価値の伝え方を工夫しないといけない。広告宣伝のあり方は重要で、SNSの活用はポイント。企業が一方的にいいのだというのではなくて、第三者のいいよという声を大切にする、そういう形でのデジタルの活用。

株式会社デンソー社長   有馬委員

・自動車業界はマークアップを上げる事に非常に苦労している。コネクテッド、電動化、自動運転等の技術があって、これらを使って価値を上げようと思っても、その対価としてそのまま車両価格は上げられない。部品メーカーがこれまで成長してきたビジネスモデルの方程式ではもたないのではと感じる。

・これからはソフトリッチな部品を提供しないと車は動かないので、そういうものにシフトしようとしています。でも、ソフト開発には相当なコストがかかるにもかかわらずただでしょみたいな土壌がある。開発コストが回収できないとなると、どのメーカーも破綻する。

株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ 仮屋薗委員

インフルエンサーによるストーリーづけ、これはこのようなものだから価値があるのだよということで、価格ではない、ストーリーに共感した上での購買、このマーケティング手法が主流になりつつあるとトレンドを見ている。

・物づくりのタイミングからスタートアップと一緒に協業していくというところから、出口まで見据えた一気通貫での協業連携というのは非常に重要で、そこにはデジタルイノベーションマーケティングに入ってくる。

・植物由来の新素材のメーカーさんとゴールドウインが共同してつくったムーンパーカーという製品。ムーンパーカーは月面でも着られるぐらいのすばらしいものというストーリー。価格はマウンテンパーカーの10倍。これがとうとう発売になる。

KDDI株式会社社長   高橋委員

・面積で考えるようなマークアップの考え方もある。通信をいろいろな産業に溶け込ませてと言ったがサスティナブルにお客様に使っていただくという付加価値、これもマークアップの一種。

まとめ

想像以上に面白かったです。私が一番驚いたのはQRコードデンソーの発明で、しかも、一銭も儲けていない事でした。もし、デンソーが特許とって、商業用だけでなく、一般消費者の利用シーンを想像して、あらゆるIT関連企業に売り込みをかけていたら、デンソーはどのぐらい儲けていたのでしょうか。現代の日本企業の課題がこの事例に集約されていると感じます。

自前主義からの脱却、オープン化、協業、いずれも日本人/日本企業には不得意な分野のような気もします。だからこそこの領域でこれをサポートするイネーブラーを作る事にはチャンスがあるかもしれませんね。